長野県を担当するMRってこんな感じ!山、雪、川、蕎麦!

MRエピソード買取キャンペーン

だいさくさん

私は以前長野県を担当しておりましたので、

長野県を担当するMRの働き方などについてシェアさせていただければと思います。

長野県といえば、移住したい町ランキングなどでも上位に入ってくる場所で、

私は5年ほど勤務してましたが、とても良い所です。

私は現在製薬会社の本社で別の仕事しておりまして、

少し前の情報になるかも知れませんのでご留意ください。

長野県を担当するMRってこんな感じ!




長野県は本州にある都道府県の中では、岩手県、福島県の次に面積が大きな県になります。

面積は大きいですが、人口ランキングでは16位(約200万人)なので、

必然と担当範囲は都会と比べると広くなってしまうかと思います。

長野県は別名「信州」と呼ばれているのはご存知の人も多いかも知れませんが、

その大きな面積は4つに分けて呼ばれていて、

北信地区(ほくしん地区):主に長野市、中野市など

東信地区(とうしん地区):主に佐久市、上田市など

中信地区(ちゅうしん地区):主に松本市、諏訪市など

南信地区(なんしん地区):飯田市など

このようになっています。

製薬企業の中心は中信松本!?

長野県は人口で言うと一番多いのは長野市になります。

長野市は新幹線も止まります。

ただ、信州大学が松本市にあるためか、

製薬企業の中心は松本市かも知れません。

営業所も松本市にあるケースが多くて、

長野市にあって松本市には無いと言うケースはあまり無いように思います。

ただ市場として松本市が大きいかと言うと、全然そんなことはなくて、

長野市や佐久市などは疾患によっては松本市より市場性が大きいかと思います。

医学部のある大学が松本市の信州大学しかないため、

いわゆる医局派遣先も長野県の7割くらいは信州大学からの派遣になるため、

信州大学を担当するMRはリーダーのような人が担当してるケースが多いと思います。

信大からの派遣先は7割と言うのは大体の私のイメージですが、

そのほかは東京の大学の派遣先だったり、特に医局派遣先を持たない病院かと思います。

山に囲まれた長野県を担当するとは

長野県はとても山が多いです。

松本市に小さい空港があって、(変わってなければ)札幌と福岡にだけ行けるのですが、

その飛行機に乗ると、山と山の間に人間が住んでいるんだなぁと感じます。

高速道路はしっかりつながっているのですが、

山から山へ移動してる感じで、

トンネルも多く、一つのトンネルを抜けると晴れていて、

また一つのトンネルを抜けると雨が降っていたりする事もあって、天気は変わりやすいです。

標高が松本市で630メートルくらい、長野市で300メートルくらいなので、

以前東京に行った時、スカイツリーに行って高いお金払って登ってきましたが、

スカイツリーは634メートルですが、

「いや、私はそもそもこれくらいの高さの場所に住んでるんだよなぁ」って思いました。

山登りが好きな人が訪れるのが松本市なので、

山好きな人には長野県担当は良いと思います。

私は一度も登ったことがありません(笑)

雪は降るけど、そこまで困るほどでは無い




あと、長野県といえば雪のイメージもあるかと思います。

確かに普通にめっちゃ降りますし、

スキー場も多いので冬はスキーやスノーボードやってる人も多いと思います。

ただ、松本市はイメージされるよりは降らないと思いますし、

長野市はどか降りしたりする日もありますが、

すぐに除雪車が走るので、そこまで私は雪で苦労した記憶はなかったりします。

ただ、長野に一軒家を購入してるおじさんMRの人とかは、

雪かきして腰痛めた人が毎年いるので注意した方が良いかも知れません。

電車は間違いなく酔う

私は長野県を担当していた時はとても楽しかったですし、

すごく良いところだなぁって思ってましたが、

唯一辛かったのが、電車です。

新宿→松本を繋いでいる「特急あずさ」はめちゃくちゃ酔います。

長野市→名古屋市を繋いでいる「特急しなの」もめちゃくちゃ酔います。

だから、出張がとても嫌でした。

パソコン作業はおろか、本を読むことすら私はできませんでしたし、

ずっと外を見つめていました。

天気も変わりやすいので、普通に電車止まりますし、熊に衝突して止まる事も、

全然ありました。

長野のお蕎麦は美味しいです!

長野県に来たら是非お蕎麦を食べていただければと思います。

特にGWの後くらいに取れる、山菜もとても美味しいので、

ちょうど今の時期に長野の山菜蕎麦を食べてくれると嬉しいです。

ゼンマイやタラの芽の天ぷらは本当に美味しいです。


※ゼンマイ


※タラの芽

先生は気難しい人もいますが基本優しい

私は都会も担当しておりましたが、

都会の先生と比べると少し気難しい先生と言うか、

シャイな先生も多い気がしますが、

基本的には優しい先生が多いと思います。

医者になるために東京に出られた先生も長野の医療は長野出身の人が診ないと、

医者がいなくなってしまうと言う気持ちで長野に戻ってこられる先生も多い印象でした。

神様のカルテと言う本の舞台となったのも長野県になります。

神様のカルテ0 (小学館文庫)

意外に東京からも近いですし、名古屋からも意外に近いです。

温泉もたくさんあって、冬はスキー夏はキャンプも楽しいです。

空気も澄んでいますし、私は旦那さんを見つけたのも実は長野で勤務している頃で、

今でも長野にたまに行きますが、

やっぱり空気が美味しいし、川は澄んでいるし、

娘も長野に行くのは本当に大好きです。

ザ・観光地という感じですが、私は電車以外は良い思い出しかありません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

だいさくより

どうもありがとうございます!

とっても素敵なエピソードですね!

僕、新宿からあずさ乗りました!

おっしゃる通りの感じでしたね。

PC作業はちょっと難しいですよね。揺れるし。

僕は景色見てるだけで楽しかったです。

お蕎麦も食べたくなりましたし、

やっぱ移住地人気ランキング高いのはいろいろな理由があってのことなんでしょうね。

本当に素敵なエピソードをありがとうございました!

ではまた!!




コメント

タイトルとURLをコピーしました