コロナ規制のタイミングだけどバイオベンチャーに転職成功したエピソード

MRエピソード買取キャンペーン

だいさくさん

いつも楽しく興味深くブログ拝読させていただいております。

MRエピソード買取キャンペーン、とても楽しませていただいております。

ちょうどコロナのタイミングではあったんですが、

希少疾患系バイオベンチャーに転職したMRの話をシェアさせていただきます。
(選考・研修に関するお話を中心に記載いたします)

コロナ規制のタイミングだけどバイオベンチャーに転職成功したエピソード




そのMRというのは私自身なのですが、

私はこの春、大手外資メガファーマから某希少疾患系バイオベンチャーに転職しました。

年齢は30代で、人生2度目の転職となります。

2度目とはいえ、初めてのバイオベンチャーへの転職、

さらにはコロナの影響などで色々と初めてづくしの体験が多いなーと感じている今日この頃です。

コロナ禍における面接方法

まず、私が選考を受けていた時は、

まだ国内でそこまでコロナの感染拡大が拡がっていなかったのですが、

たまたまウチの会社はいち早くZoomによる面接を取り入れていたので、

私の最終面接はZoomで実施されました。

家の中は小さい子どもがいるということもあり、

前の会社の営業車の中で上下スーツに着替えてPCをZoomに繋いで面接に臨みました。

実際の面接内容

面接官の方(今の間接上司にあたる人ですが)も、

たまたま仕事の都合で車の中にいらっしゃり、

「お互いに車の中で面接なんて初めてだね」なんていいながら、

和やかな雰囲気で面接を始めることができました。

その後の面接の内容自体は、Zoomとはいえいたって普通で、

前職での経験や、

希少疾患ならではの、

「まだ正確な診断がついていなかったり、適切な薬剤が届いていない方に薬剤を届ける工夫」

などについて結構深堀りして聞かれました。

あとは、「逆に何か質問ありますか?会社のことやあなたが気になること、なんでもいいので気軽に聞いてください。」と結構聞かれました。

ある程度は質問を用意していたのですが、これを何度も聞かれたので少し焦りました。

実際の選考基準




あとから聞いた話なのですが、

この「逆に質問ある?」が1つの選考基準となっており、

「○○さんは数多くの質の良い質問をしてくれたので良い印象だった」と言われました。

和やかな雰囲気で始まったZoom面接だったので、

どこかリラックスして臨めた部分があったのは良かったと思いますが、

リラックスしすぎず最後まで質問を絞り出してよかったと思いました。

入社してからもZOOM中心

そんなこんなで晴れてオファーをいただいて、

念願の希少疾患系バイオベンチャーに入社したのですが、

入社後まだ一度もオフィスには行っておらず、

上司同僚誰ともリアルワールドではお会いできていない状況です。
(逆に、やんごとなき事情で顧客には数回訪問し、数人の顧客とお会いできました)

入社時の数日間の研修も、

入社直前に「リモートで実施します」と連絡がきて全てZoomで実施されました。
(直前の変更ということもあって、研修担当者の方が大慌てで色々準備して下さっていたようです)

研修も全部ZOOM

ほどなくして数人の中途同期とともにZoom研修がスタートしました。

実際にZoomでの研修を受けてみると意外なほど快適で、

私には合っていたように感じています。

転職したてで何かと生活が慌ただしくなりがちな状況の中、

妻や子どもとの時間もしっかり取れましたし、

製品研修などは短時間でとても集中して取り組めました。

コンプライアンス研修などの一部コンテンツはZoomだとちょっときついなぁと思うこともありましたが…

ディテーリングのロールプレイなども難しかったですね…

あとは研修担当の方がこちらに気を遣って、

研修の合間合間にちょこちょこ雑談を挟んだりして一方的にならないよう工夫して頂いたり、

同じ時期に入社した方や、他の部署の方と顔合わせの場をZoomで設定していただいたりしました。

あまり人数が多くない会社なので、いろいろと情報交換できて有難かったです。
(そうしたコミュニケーションを取っていた方の中に、「だいさくさんのブログがきっかけでオーファンに転職しようと思った」と仰る方もいました)

そんなこんなで研修も無事終わり、訪問自粛が解除されるまでは在宅勤務が続いていますが、

リアルワールドで同僚や顧客に大手を振って会いにいくのが楽しみな状況です。

ありがとうございました。

だいさくより

貴重な体験談ありがとうございます!

転職活動お疲れ様でした!また入社おめでとうございます!

僕のブログ読んでという方がいらっしゃるのはとても嬉しいです。

実は僕の会社にも僕のブログ読んでという方がいらっしゃって、

それ俺の事だぜ!って言った時は超絶びっくりしてました(笑)

zoom面接、実は僕も今の会社で面接官としてやりました。

中々リアルと違って難しいというか、人となりがうまく伝えられないんですよね。

でも和やかな感じで進んだということで良かったです。

でも本当に今のタイミングで入社された方には厳しいでしょうね。

うちの会社も新薬が出たばかりで、社運がかかってるので、本当に厳しいし、

フラストレーションめっちゃたまります。

ただ出たばかりなのでコロナの状況でも引き合いをいただいてリクエストベースでお話をいただいていたりはするんですが、

どうしたって導入は遅くなってしまうんですよね。

後、僕も最近心から会議の全てはZOOM会議で良いと思っています。

居心地良すぎてもうZOOM会議以外は無理です。本当に。

ちょっと愚痴ってしまいましたが、とにかく素敵なエピソードありがとうございます!

でもコロナの状況で苦しんでるのって、転職エージェントもそうみたいで、

案件が無いというのと、あっても面接の関連で進んでいかないというので、

結構厳しかったみたいですね。

この状況下で大変だったと思いますが、良かったです。

頑張ってください!

ではまた!




コメント

タイトルとURLをコピーしました