MRの年収は外資と内資どっちが高い?僕の転職実体験を教えるよ!

MRの年収

みなさんこんにちは、現役MRのだいさくです。

私は27歳の時に異業種中途入社で外資系MRに転職しました。

その後32歳で国内の大手製薬会社に転職しました。

35歳の時に現在の外資系のバイオベンチャーに転職して、

今はマネージャーをしております。

ブログ経由で様々なご質問をいただくんですが、

「外資系ってやっぱ給料高いんですか?」

「インセンティブボーナスとか凄いんですか?」

というご質問を特に若手の方からいただきます。

今日は、外資系製薬会社、内資系製薬会社、

どちらも経験している私が、

年収や福利厚生の違いを全てぶっちゃけてみようと思います。

外資系MRと内資系MRの違い

製薬会社に限らないことかもしれませんが、

外資系と内資系は何から何まで違います。

年収面でもそうですが、

外資はとにかく結果です。成果です。

基本的に数値評価で物事は考えられますが、

内資はプロセスです。

数値評価の前にどれだけ頑張ったか、

頑張っている姿を周りに見せたかというのが重要です。

外資は個人ですが、内資は周りの人間に認められないと出世もできません。

そのため個人の成果云々よりは周りの人間がどう評価してるかを

意識する必要があると言えます。

外資系MRとは何か、その実態とは?

外資系製薬会社というのはその字のごとく、

本社は海外にあり、日本に支社を出している会社で、

日本支社で採用されているMRのことを言います。

細かい部分は後述いたしますが、

外資系MRは領域性に分かれている会社も多いので、

仕事の幅が狭く数字さえ出していれば比較的楽です。

成果さえ出せば若くてもどんどん出世できます。

私はアメリカ系の外資しか経験がありませんが、

働き方や文化、風土は外資系の母国がどこか?にもよります。

その辺はこちらの記事で詳しく書いています。

外資系製薬会社の雇用はなぜ厳しいのですか?

また女性が多いのも外資系の特徴です。

若い女性も多いですが、女性管理職も内資系に比べたら3倍以上多いと言われています。

実際に外資と内資では働き方から給与制度、福利厚生まで全然違いますので、

その辺をご紹介していきます。

MRの年収が高いのは外資系?内資系?




外資系の方が年収って高いだろうと思ってる方も多いと思いますが、

平均的な年収は内資系の方が高いと思います。

そもそも「外資系」っていうだけで、

外資系の証券会社や、

コンサルティングをイメージされるので、

外資系製薬会社=年収高い!と思ってしまいますが、

実際は外資系製薬会社はそれほど高く有りません。

大手内資系(上場してる、先発品メーカー)であれば、

MRでも管理職でも、なんにしても内資系の方が高いです。

外資系MRと内資系MRの年収比較

私は32歳の時に大手外資系から大手内資系に転職しました。

外資系 内資系
年収 890万 1180万
家賃手当て
(東京の場合)
9万円 21万円
日当 3,000円 3,300円

こんな感じで変わりました。

しかも、外資系をやめた前の年に1番を取って、

管理職に上がりました。

その分のインセンティブや手当てを入れても900万に届かないくらいでした。

内資に転職した3年目の時に私は34歳で下が、恐らく外資系でMRを続けていても、

年収1180万には届いてないと思います。

もし、もっと上のマネジャーになっていれば、

ちょうど同じくらいだったかもしれませんね。

ちなみに、外資系時代の事業部長は年収が3,600万円でしたが、

今の内資系の事業部長では、4,200万円だと言ってました。

エグゼクティブクラスでも、製薬業界では内資系のほうが上ですね。

外資系の年収の高さは見せかけの部分有り

製薬会社の年収ランキングなんかがあると思います。

外資系は日本では上場していないので、詳細が分かりません。

転職サイトなんかが提供しているものをみると、

MRの平均が大手外資系で大体880万くらいです。

外資系をdisるわけでは全然ないんですが、

内資系は事務の女性正社員として雇用しているので、

全体的に低く出る傾向にあります。

逆に外資系では事務の女性なんかは派遣で雇用しているところがほとんどです。

なので、内資系のほうが全体的に低く出る傾向には有ります。

外資系MRには年収2000万を超える会社もある

全体的な年収の平均は大手の内資系の方が高いと思います。

しかし、私が現在働いているバイオベンチャー の会社では、

36歳の現在の年収が1470万円です。

これは特段珍しいことではなく、外資系のバイオベンチャー では、

高額な年収になる会社がたくさんあります。

それが現金である事もありますが、RSUという株式付与も合わせると、

ブリストルに買収される前のセルジーンは人によっては2000万程度になったり、

アレクシオンファーマもトップMRは2000万を超えると言われていました。

武田に買収される前のシャイアーは人によっては2500万円の人も中にはいたそうです。

私の年収は現金で1470円でしたが、

内資でいうと部長クラスになります。

なので若いうちにバイオベンチャー に挑戦するというのは夢のある事だと思います。

製薬会社売上高ランキングでは外資系に軍配

こちらが、2017年度の製薬会社ランキングです。

※アンサーズ調べ

世界ランキングの上位10社は全て外資系が占めています。

日本は武田薬品工業の15位が最高ランクになります。(シャイアー 合併後8位になる予定)

外資系MRと内資系MRの福利厚生の違いは?

家賃手当ては上述の通り内資のほうが全然上です。

ただ、車の制度なんかは外資系の方が自由度が高いです。

自分で買った車を毎月5万円くらいの手当てをもらって、

営業車として使えたり(ガソリン代は経費)

もしくは、営業車を自家用車として兼任で使うこともできます。

内資系でそれが可能なのはエーザイくらいじゃないでしょうか。

(エーザイはほとんど中途募集してません)

私が内資にいた時は自家用車もっていましたが、駐車場も二台分借りなければ

ならないので、不憫です。

保険も自分で入らなければならないですしね。

あとは、外資系は組合がないところも多いです。

内資だと組合がしっかりしている分、

組合費が毎月1万円くらい引かれていますね。

内資にいた時は、年収が高くても出て行くお金が高かったと思います。

外資系MRの方が働き方が自由

働き方は内資に転職してかなり変りました。

違いは色々あるんですが、

内資の場合、成果うんぬんは、もちろんあるんですが、

それよりも大事なのは、

働いているところを見せるっていうことです。

がんばっているところを周りの人や、上司にアピールして

それを見せなければなりません。

だからなのか、

外資系 内資系
出社 在宅 毎日出社
会議 月に1,2回 週に1,2回
報告 ipadで打込 毎日日報

拘束時間は間違いなく内資系のほうが長いです。

内資系は、幸せ度が低い、めんどくさい度は高い。

正直、在宅でできる仕事をわざわざ営業所でやっているだけです。

現代のクラウド化された世の中で毎日出社する必要なんて無いと思います。

外資系MRに付きまとう雇用不安

働き方にしても、イノーベーション度の高い医薬品を出す力に関しては

僕は外資系だと思います。僕は基本的に外資系が大好きです。

ただ、どうしたって外資系には雇用不安が有ります。

私は27歳の時に外資系に入って、年収が570万円でした。

入社してからは、幸運にも、会社や周りの人、自分の上司からも評価してもらって、

年収は1年間ごとに100万くらいずつ上がっていきました。

しかし、40代後半や50代の人がどんどんクビになっていくのをみていました。

クビを宣告していた人が次の年クビになっていたりもします。

そうなると自分がそうならないとはどうしても思えませんでした。

実際他社の外資系MRの方と話していても雇用に怯えてる感じは有ります。

若者は外資系!30代後半で内資に転職を検討する!

私はもっと最初の外資系にいればよかったなって思ってます。

外資系製薬会社の創薬理念

「現在治療薬のない疾患の治療薬を作る」

「その領域の中で№1の薬を作る」

こういった考え方をリスペクトしてます。

僕のこれまでの人生を振り返って思うのは、

若者は外資系が良いと思います。

外資系で結果を出す、そして40代前後で、

内資に転職する。

この流れがサクセスストーリーの一つではないかと思います。

外資系MRから内資系MRへの転職はタイミングが重要

外資系は比較的いつも募集してますが、内資系は領域が立ち上がる時や、

事業部の拡大(イクスパンジョン)の時じゃないと中々入れません。

内資系の場合は、誰かがやめたとしても、比較的内部から埋め合わせできたり、

口コミで、「担当先の優秀な人引っ張ってきて」みたいな指令が来たりするんですよね。

なので、拡大や、領域が新しく立ち上がるタイミングっていうのはとても重要です。

私もオンコロジーが立ち上がるタイミングで、今の会社に入りました。

転職サイトのエージェントから情報はもらっておいて損は無いと思います。

そういったタイミングでしたら、年収も間違いなく上がります。

MR転職サイトおすすめランキング!現役MRの履歴書・職務経歴書見本付き!

 








コメント

タイトルとURLをコピーしました