MSL(メディカルサイエンスリエゾン)の年収は高い?低い?ランキング形式で紹介するよ

MSLの年収

こんにちは、だいさくです。

私は現在ベンチャーの製薬会社で働いていて、

MSL的な仕事もやっています。

僕の年収は現在1,500万ですので、

MSLになりたいけどなれない!という人は、

ベンチャー製薬に来たら良いですよ。

社員100人もいないですが、いろんな仕事が経験できて本当に楽しいですから。

オーファンドラッグの製薬会社に転職しました!年収とか福利厚生とか色々シェアします!

 MSL(メディカルサイエンスリエゾン)の年収は高い?低い?





では本題ですが、最近はMSLになりたい人は本当に多いですね。

MSLという職種は今後まだまだ増えていくことが予想されていますし、

現在でもMSL経験者は引く手あまた状態が続いています。

ただ一方でMRからMSLになるハードルは高い傾向に有ります。

一昔前は誰がMSLなんてなるか!!って感じでしたけど、

時代はガラッと変わりましたね。

どこの会社もMSLは色々なバックグラウンドの人がいます。

実は年収もバックグラウンドによってかなり変わって来ますので、

その辺を紹介していきたいと思います。

MSL(メディカルサイエンスリエゾン)の年収は低いです

最初に言ってしまいますが、MSLの年収は低いと思います。

これはあくまでMRと比べてですが。

もちろんマネジャーとかであれば別ですが、

ただのプレーヤーのMSLですと700万くらいが良い所ではないでしょうか。

MSL(メディカルサイエンスリエゾン)年収ランキング

製薬会社の年収ランキングはググればいくらでも出て来ますが、

MSLだけに絞ったものは有りません。

ですので、これは完全な口コミと私の調査範囲での話ですが、

MSLのバックグラウンド別での年収ランキングを掲載したいと思います。

第1位 MR出身のベンチャー系製薬MSL

まぁ私のような人間です。

完全体のMSLでは有りませんが、

ご存知のようにベンチャー系製薬会社自体の年収がかなり高いので、

そこにいる元MRのMSL職の年収は高いと思います。

私の周りも実際1400万から2000万くらいの人が多いです。

オーファンドラッグの製薬会社に転職しました!年収とか福利厚生とか色々シェアします!

こちらの記事にも書いていますが、

ベンチャー系は年収が高いですが、

福利厚生がほぼ有りませんので、

その辺は加味して考えた方が良さそうですね。

第2位 MR出身の大手内資系&外資系MSL

やはりMR出身のMSLの年収は高い傾向にあります。

MR出身者であれば、元々1,000万オーバーしてる人も多いので、

年収スライドくらいで社内異動してる人も多いかと思いますね。

MR出身者であれば内資系MSLで大体平均が800万、

外資系MSLが大体平均700万というイメージです。

もちろん年齢にもよりますけどね。

第3位 研究職出身MSL

研究職出身のMSLの方も多いと思います。

研究職の早期退職もかなり行われていましたからね。

おそらく平均年収は800万くらいではないかと思います。

あくまで研究職出身だからというより、

元々研究職をしていた人間がMSLに来るときは、

年齢が高いからというのが理由です。

第4位 新卒MSL

新卒MSLは外資系では最近結構多いですが、

内資系ではあまりいない印象です。

彼らは年齢が低いということもありますが、

年収でいうと低い傾向にあります。

MRと違って成果がわかりにくかったりもしますので、

給料自体が上がりにくい。

MSLの全体の平均年齢も高い(42歳と言われています)ことから

雑務も多くあまり活躍できてない状況にあるのではないかと思います。

平均的には600万に満たないくらいかと思います。

第5位 ポスドク出身MSL

元々ポスドクだった人は特に、

福利厚生無しで300万とか400万くらいの年収で働いていた人も多いです。

製薬会社に入ったら、いきなり年収が600万になって、

しかも手厚い福利厚生があるので、

MSLやMA部がどんどん発足することで、

MRと比べて決して年収が高いとは言えない

ポスドク出身者が多いのも最近のMSLの特徴です。

MSLは勉強や研究を行うのが仕事ではないので、

仕方ないのかなとは思います。

MR出身者でも年収は下がる




このランキングを見るとやはりMRからMSLを目指した方が良さそうな感じがしますが、

MRからMSLになって年収が上がった人を聞いたことがありません。

基本給なんかは変わらないと思いますが、

日当は半減しますし、

営業手当が手厚い会社ほどその分下がります。

残業代が多少つくことを差し引いても、

年収として100万くらいは下がるんではないでしょうか。

MSLは給料も上がりにくい

MSLはまた給料も上がりにくいです。

昇格などしてマネジャーポジションにでもなれば別だと思いますが、

席の数は限られているのでそれもなかなか厳しいです。

MRと違って数値評価ではない部分もあるので昇給もしづらいです。

MSLはキャリアも限定的

またMSLというのはまだまだキャリアが見えてこない職種です。

本社勤務のエリートコースに間違いありませんが、

MSLになってからその後どういうキャリアを歩むのが成功なのか?

その辺がまだまだ明確にわかってないところではあります。

MSLになりたい一心でなってはみたものの、

やはりMRや他の職種へのキャリアチェンジを考える人も少なからずいます。

MSLが年収を上げる方法は転職一択

現在MSLで年収が600万くらいであれば転職するのはリーズナブルだと思います。

むしろMSLが一気に年収を上げる方法は転職一択です。

MSLを新たに立ち上げる会社や新たな部署立ち上げのケースは、

MSLの経験はとても重宝されると思います。

特に自分がこれまで経験してきた領域にこれから参入するような会社の場合は

年収が一気に跳ね上がることが考えられます。

MSLの募集はMRほどは多くありませんし、

転職エージェントも限られていますので、

こちらの記事もご参照ください。

MSL転職サイトおすすめランキング!

MSLが花形に変わりは無い

現状MRと比べてもMSLの年収は低いですが、

MSLが花形職業なのに間違いはありません。

それは今後も同じです。

MSLの人数はどんどん増えているし、

今後もどんどん増えていきます。

そのうちMSL認定試験ができるんじゃ無いかと思うくらい、

中外製薬もノバルティスも100人体制を敷いていますからね。

最後に

いかがでしたでしょうか。

MSLの年収というのは人によりけりで、

中々見えてこない現状でしたが、

大体のイメージはお伝えすることができたのではないかと思います。

まぁ人生は一度きりですのでやってみたい仕事にチャレンジするというのは、

とても貴重なことだと思います。

MSLは英語が話せないとお話にならない職種ではありますので、

英語力もしっかり磨いていきましょう!

製薬会社の社員におすすめの英語勉強法7選!

では!



コメント

タイトルとURLをコピーしました