癌に特化した医療機器メーカーノボキュアの転職案件ってどうなのか?

Novocure

どうもこんにちは、だいさくです。

以前書かせていただきました、

マリンクロットジャパンの記事にご質問のコメントいただきまして、

マリンクロットジャパンってどんな会社?

医療機器メーカーのNovocure(ノボキュア)という会社について書いてみました。

一応下記がご質問内容になります。


ダイサクさん

こんにちは。いつもブログを拝見し参考にさせて頂いております。
最近Novocureという医療機器の会社の求人を目にして、調べてみたところ、画期的なガン治療のように見えますが不透明な部分を感じ、ダイサクさんの目から見てどのような会社に映るか知りたく、取り上げて頂けますと大変幸甚です。よろしくお願い致します。

癌に特化した医療機器メーカーノボキュアの転職案件ってどうなのか?




ノボキュアって今回記事を書くにあたって調べてみたんですが、

情報が非常に少ないですね。

なのでそこまでボリューミーな記事にはできませんが、

調べた限りの内容と僕の印象も交えてご紹介させていただければと思います。

率直な感想としては、こんな治療法があるんだなぁと、

病気へのアプローチっていうのは様々だなぁと思いました。

ノボキュアジャパン

ノボキュアジャパン

【日本設立】2012年

【社員数】12人

【社長】アサフ・ダンジガー


ノボキュアジャパンですが、日本法人ができたのは2012年になります。

後述いたしますが、持っている医療機器はTTフィールド療法を提供する、

オプチューンという機器1つだけになります。

2000年にイスラエルで創業されており、

日本法人のCEOを務めるアサフ・ダンジガーさんもおそらくユダヤ系の方ではないかと思います。

会社の沿革を見てみると、工学系の博士のかたと、エンジニア、生物学者の3人で創業して、

現在でも研究者や経営者としてその3人はいらっしゃいます。

ノボキュアジャパンの経営状況

ノボキュアジャパンですが、2015年に米国で上場しています。

ちょっとこのチャートだとわかりにくいですが、

上場した直後は1株15ドルというかなり低い評価だった会社ですが、

その後30ドル付近まで急上昇し、

米国でのヘルスケア叩きの波に飲まれ一時期6ドルまで下落してます。

その後は上述のオプチューンが無事上市され着々と株価は上昇しています。

こちら経常利益の推移になります。

一応年々売り上げ金額の増加と同時に営業利益の赤字額は少なくなってはいます。

そして、業績予想を見てみると2020年に黒字化させるというのが目標となっています。

株価はずっと赤字だった会社が、黒字化に成功した時ほどグッと上がるので、

ちょっと興味が出てしまいますね。

また、こちらROE(自己資本利益率)ですが、かなり悪いです。

-56.62%は結構良くないです。

これは企業が自己資本を効率的に運用して利益を出してるかどうかを表す指標になります。

簡単にいうとマイナスであるほど、経営効率の悪い会社であるという風に判断されます。

だいたい10〜20%くらいが優良企業のラインですが、

ベンチャー系では良くあるのですが、ちょっと厳しい状況かもしれません。

今回の募集背景は黒字化のための戦略としての背景があるのかもしれませんね。

TTフィールド療法とは?

では、ノボキュアの開発したTTフィールド療法とは何か?というところですが、

現在適応があるのは初発の膠芽腫(こうがしゅ)になります。

膠芽腫は原発性悪性脳腫瘍の一つになります。

初発膠芽腫に対してこのTTフィールドを使うと、

生存期間中央値を約5ヶ月ほど延長したという報告があります。

※ノボキュアのHPより

TTフィールド療法はこのような機器を使用して治療を行います。

機器の名前はオプチューンと言い、NovoTTF-100Aという治療装置の商品名になります。

一番下に写っている4つのパッドを頭に装着して、

大体1.2kg程度の機器をずっと持ち運びながら治療を継続するというものになります。

患者さん用の資料があったのですが、

下記のような感じで1日18時間以上電場を流し続けるそうです。

また必ず丸坊主にしなければならないそうです。

このTTフィールド療法自体は腫瘍細胞を小さくする作用は無いそうです。

あくまで腫瘍細胞が増殖するのを抑える効果なんだそうです。

使用するには月に140万円、年間1,700万円程度かかるそうで、

あくまで適応は初発のみです。

再発の場合は保険適応外になります。

再発の場合もEF-11という臨床試験が行われておりますが、医師の選択治療と同等の有効性です。

副作用はパッドと皮膚に触れている部分の皮膚炎程度しかなく、

ほとんどないと言えそうです。

ちなみにですが、このTTフィールド療法は、

脳外科医の沢村豊先生の書かれているブログの説明に勝るものはなさそうです。

Novo TTF tumor treatment fields,オプチューン

また、患者さんのご家族が書かれているブログもとても参考になります。

だーさん、突然、脳腫瘍になりまして。

ノボキュアの将来性




ノボキュアの将来性ですが、米国では再発でも承認になっていますが、

日本は現状初発でしか適応が通っていません。

NCCN(米国でのガイドライン)ではカテゴリー1という強い推奨強度で記載されていますが、

日本のガイドラインには見当たりません。

使用できる施設は公表されている限りでは103施設で、

使用する際には資格も取らないといけないので、

日本ではもう少し汎用できると考えているのかもしれません。

米国のHPにオプチューンのパイプラインが記載されております。

現在開発が進んでいるのが、

脳転移症例、乳がん、非小細胞肺癌、膵臓癌、卵巣癌がPhaselll進行中、

中皮腫、肝臓癌がPhasellとなっております。

ノボキュアに対するご質問の答え

長々とご紹介して参りましたが、

いただきましたご質問、

「ノボキュアはどのような会社に映るか?」ですが、

ザ・ベンチャーだと思います。

製品自体は、かなり変わっていると思いますし、

正直髪の毛を丸刈りにして、ずっと機器を持ち続けて、

腫瘍を小さくするわけではなくあくまで大きくしない治療というのが、

どれだけ浸透するのかはやってみないとわかりません。

脳腫瘍(膠芽腫)自体はBBBなどの観点からも、

分子標的薬や免疫療法など中々有効性のある新しい治療法が出てこない分野の中では、

画期的な治療であるという評価もされています。

今現在は赤字になってますが、

見通しとしては決して悪くはないと思います。

非常に少ない人数の会社の中で、日本でもっと浸透させていくための、

増員だと思うので、もし転職したら目標達成が必達になってくると思います。

患者さんが多くはいないと思いますし、

脳外科の先生方にアプローチするのも大変かと思いますが、

やりがいのある仕事だとは思いました。

最後に

初発のデータ自体は本当に良いと思うので、

副作用がほぼ無いとは言え、

丸坊主でパッド装着をしてずっと機器を持ち歩くところをどうクリアしていくかってのが、

難しいところかもしれませんね。

働いている方の評判などは全くわからないので、

もしご存知の方いらっしゃいましたら是非教えてください。

現在西日本東日本で各1名づつ募集がかかってるそうです。

ご興味ある方情報取ってみてください。

医療機器案件も下記のエージェントから同じように取れます。

MR転職サイトおすすめランキング!現役MRが厳選したおすすめサイト

それではまた!




コメント

タイトルとURLをコピーしました