仏大手セルヴィエの転職案件が上がってるので将来性を書いてみる

セルヴィエ

どうもこんにちは、だいさくです。

セルヴィエの転職案件が上がってますね。

結構色々な方に届いているらしいという話を聞いたので、

既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、

今日はセルヴィエについて書いて行きたいと思います。

仏大手セルヴィエの転職案件が上がってるので将来性を書いてみる




セルヴィエって僕の一番の印象は、

武田薬品がシャイアーを買収かけている時に、

なぜかシャイアーの持っていたオンコロジー部門が売られるという事がありました。

オンコロジーが重点領域と発表していた武田薬品なのに良いのかなぁ?とか思っていたので、

非常に印象に残っております。

その際のシャイアーのオンコロジー部門の売り先が、

セルヴィエでした。

へーこんな会社あるんだぁって思ってたんですが、

日本では導出がメインになっていたので、

募集の案内が来た時も結構びっくりしました。

日本セルヴィエ株式会社とは?

日本セルヴィエ株式会社

SERVIER

【設立】1981年10月

【従業員数】日本:25人 グループ全体:21,000人

【売上】日本:約23億 世界:約5300億円


セルヴィエはフランスの大手製薬会社になります。

フランス国内では第2位の売上を誇り(1位はサノフィ)、

拠点は世界148カ国にあります。

しかし、非上場企業なので、情報がそこまで多くないですし、

CFやPLも見れないのが痛いところです。

今回のセルヴィエの募集背景としてはオンコロジー製剤の上市になります。

セルヴィエも今後はオンコロジー分野に力を入れて行くとしており、

この会社の研究開発費用は売上高の約25%程度を投じており、

大手の外資系製薬会社よりも高い水準にあります。

また創業者がジャック・セルヴィエという研究者で、

いわゆるコテコテの研究開発型の製薬会社だといえます。

セルヴィエの主要製品

セルヴィエの現在の主力製品を一覧にまとめました。

こちらは日本でも世界でも同じ傾向にあります。

製品名 適応 導出先
コパシル 高血圧治療剤
(持続性組織ACE阻害剤)
協和発酵キリン
グリミクロン 糖尿病治療剤
(スルホニルウレア系経口血糖降下剤)
大日本住友
ナトリックス 高血圧症治療剤
(持続型非チアジド系降圧剤)
大日本住友及び京都薬品工業
バスタレル 虚血性心疾患治療剤 大日本住友及び京都薬品工業
テナキシル 高血圧症治療剤
(持続型非チアジド系降圧剤)
アルフレッサファーマ

セルヴィエの重点領域とパイプライン




セルヴィエの重点領域ですが、

CNS、循環器、代謝性疾患、糖尿病、癌、呼吸器になります。

こちら現在発表されいるパイプラインを一覧でまとめて見ました。

製剤 疾患 フェーズ 備考
癌領域   Mcl1阻害剤 血液癌
Mcl2阻害剤 血液癌
フロテツズマブ(CD123×CD3) 血液癌
BCL-2阻害剤 血液癌
UCART19 血液癌
MPS1阻害剤 血液癌
リポソーム化イリノテカン 肺がん
mPaCa/リポソーム化イリノテカン 各種癌
トリフルリジン 大腸がん 大鵬に導出、製品名ロンサーフ
トリフルリジン 胃がん 上市済み
TAFla阻害剤 虚血性脳卒中
アンチMir92a 慢性心不全
抗IL7R シェーングレン病
ADAMTS-5阻害剤 変形性関節症
GABA Aα5アンタゴニスト ポストストローク
オメカンティブメカルビル 慢性心不全
エクセナチドインプラント 2型糖尿病
ブメタニド 自閉症

オンコロジー以外のパイプラインはこれまでの流れと同じですが、

オンコロジーは特に血液癌を中心にそれなりに期待されているコンパウンドが揃っています。

ロンサーフって大鵬さんに導出されてますが、

セルヴィエの製剤だったんですね。。。

セルヴィエの募集背景はオンコロジー

上述の通りセルヴィエの募集背景はオンコロジー製剤の上市になります。

セルヴィエは元々オンコロジー製剤の開発に力を入れてましたが、

いくつかのオンコロジー製剤の開発が失敗しております。

しかし、シャイアーから買い取ったオンコロジー製剤が育って来ております。

今回の募集背景もオンコロジー領域に関する募集となっております。

僕は血液癌の経験が多いことと、

一時期MSLをやっていたので、

その辺もあってかMSLの募集案件がきました。

中には営業部隊でも募集がかかっているとお話しを聞きました。

一応僕はリクルートから案件がきました。

【リクルートエージェント】

比較的幅広く扱っていそうなので、

懇意にしてるエージェントの方がいたら聞いてみると良いと思います。

現役MRが厳選したMR転職サイトおすすめランキング!

セルヴィエの糖尿病治療薬での薬害問題


※セルヴィエ フランス本社

セルヴィエは過去に糖尿病治療薬であるメディアトールにおいて、

その危険性を認識しておきながら、やせ薬として販売し、

2000人弱を死亡させた製薬企業であるとも報じられています。

主な被害者はフランス人で、いまでもフランス最大の医薬品スキャンダルと言われています。

フランスの裁判で敗訴しており、

臨床試験の捏造などではなく、欠陥医薬品の販売を行ったとして、

罰せられ、約3000億円の賠償金を支払っています。

最後に

セルヴィエに関して情報をまとめてみました。

ただ、正直言うと情報が本当に少なく、英語検索もしてみたんですが、

なかなか有益情報がゲットできなかったのも事実です。

個人的には専門領域に特化した会社ではないと感じましたが、

オンコロジー領域で入社しても、

今後の方向性がガラッと変わる可能性のある会社だと思います。

なので、僕にも一応案件のご紹介はきましたが、

どちらかというとマルチな経験をされている方の方がコミットするのではないかと思いました。

パイプラインを見てみてもオンコロジーが重点領域だと言うのはとてもよく理解できますし、

コンパウンドも魅力的で、研究開発に多額の投資をしてると言うのも良い部分だと思います。

規模としては、日本では準大手くらい、大体エーザイさんくらいの規模なのかなと思います。

少しでもご参考になれば幸いです。

ではまた!




コメント

タイトルとURLをコピーしました