【これが最新版!】セブ島Papa Kits Marinaに行ってきた!料金・行き方・注意点

セブ島パパキッズ

どうもこんにちは、だいさくです!

行ってきましたセブ島親子二人旅!

今日は子連れでもカップルでもセブ島に行ったら必ず行きたいパパキッズに行ってきたので、

色々と紹介したいと思います!

【最新版!】セブ島Papa Kits Marinaに行ってきた!料金・行き方・注意点まで

僕がセブ島パパキッズに行ってきたのは2017年12月です。

行く前に色々調べてたんですが、結構情報が変わっていました。

てゆうか、事前情報はほとんどあてにならなかったので、

一応最新版という事で紹介していければと思います。



パパキッズの料金は改定されてます!

これまでは入場料100ペソが必要で、

それを払うと1食分の軽いお食事がついてくるというものでしたが、

それはもう無くなっています。

一応エントランス部分に「Entrance Fee」的な場所があるんですが、

払う必要は無く要求もされません!

そこの部分の写真を撮り忘れてしまいましたが、

とにかく入場料は必要無くなっていました!

パパキッズのセット料金も改定されています!

セット料金はこれまで499ペソで4種類の乗り物が乗れるパックがあったのですが、

それも無くなっています!

現状は写真の通りです。

平日:999ペソで全ての種類のアクティビティが行えます

休日:1199ペソで全ての種類のアクティビティが行えます

どちらも軽いお食事がついてくるようですね。

上の段のJungle Obstacleは私の子供(身長120cm)は身長の関係で

できなかったので、私はこのパックにはしませんでした。

パパキッズ各アクティビティの料金

こちらが各アクティビティの料金表になります。

ジップライン:200ペソ

ジップラインスーパーマン:400ペソ(腰で吊ってもらってスーパーマンのように進むもの)

ウォールクライミング:100ペソ(日本でいうボルタリングです)

ハンギングブリッジ:50ペソ

Jungle Obstacle:150ペソ(小さい子供はできません)

Fishing:100ペソ

乗馬:75ペソ

ウェイクボード:500ペソ

この表には無いですが、

カヤック:150ペソ(1時間)

パパキッズは広い!

基本的にはいくつかのアクティビティが同じところで行えるようになっていますが、

パパキッズはとにかく広い!

①ジップライン・ハンギングブリッジ・ウォールクライミング

②釣り・レストラン・乗馬

③カヤック・ウェークボード

この三つがかたまりになってます。

ただ、この①、②、③の間の移動が大変です。

特に子連れで行く方は日差しも強いし暑いので疲れます。

ベビーカーを押せるような道では有りませんのでお気をつけください。

パパキッズには無料の移動バスがあった!

しかし、帰り間際に気づいたのですが、こんな感じの無料バスが走っていました・・・

頑張れば20人くらいは乗れそうです。

各アクティビティのところで係りの人にお願いすれば呼んでくれます。

別に循環してるわけでは無いので、呼ばないと来ません。

自分の行きたいところを運転手さんに伝えれば行ってくれます。

運転手さんがご飯とか食べていると15分くらいかかるそうですが、

基本的には5分くらいで来てくれるとのことでした。

私の場合はたまたま近くにいたのか、2分くらいできてくれました。

午前10時から午後6時まで走っているみたいですね。

パパキッズから帰るときは注意!

行くときはホテルからタクシーで良いと思いますが、

帰りは意外に交通手段が微妙です。

事前情報ではパパキッズから歩いて5分くらいの所に、

ショッピングモールがあるのでそこからタクシーを拾えるような事が

書いてあったのですが私の場合は全く拾えませんでした。

ショッピングモールの警備員さんに聞いたら、

平日は拾えるけど、休日は中々難しいと言われました。

私も20分くらいは待ってみたんですが空車のタクシーは通りませんでした。

パパキッズからの帰り方

タクシーが拾えるのであればそれで良いと思います。

しかし何分待っても拾えないのであれば、

ショッピングモールの前からジプニーに乗りましょう!

これです。1人7ペソ!や、やす!

僕の場合はこの女性の警備員さんが運転手さんに現地語で全て

伝えてくれて、タクシープールのあるSMモールまで連れて行ってもらいました。

SMモールに行けば沢山タクシーがいますが、

SMモールの少し前あたりがバス停になっているので、

そこで降ろされます。

こんな感じのガソリンスタンドが右側に見えてきます。

 

ここもタクシープールになっており、

私はここからタクシーに乗りました。

SMモールに行きたい人は歩いて5分もかからないと思います。

パパキッズからの帰りに不安な人は貸切タクシー

もしくは大体1日1000ペソくらいでタクシーが貸し切れます。

ジプニーに乗りたく無い人や不安がある人はそれでも良いと思います。

ジプニーはセブで乗る分にはそこまで危険では無いと個人的には思いました。

ただ、中はめちゃくちゃ狭いです。

現地の日本人の人に聞いたら、

ジプニーは貴重品をしっかりバックの中に入れて、

前で抱えておけば大丈夫みたいです。

乗り降りする後ろのドアの部分があるんですが、

そこに男性が二人挟むようにして乗っている時に、

ポケットからiPhoneや財布を盗んだりする事があるそうです。

私の場合は乗ってる人は女性と子供だけでしたし、

盗難を心配するようなことは一切ありませんでした。



パパキッズでは絶対やろうジップライン!

ジップライン目当てに行く人も多いと思いますが、

これは絶景なので必ずやりましょう!

ここが受付で、1人あたり200ペソ払います。

そうするとこんな感じの券がもらえるので、

隣のハーネスをつける場所に移動します。

こんな感じの景色が広がります!

ちなみに往復ですので2回やれますよ!

Fishingもおすすめ!

Fishingは係りの人が手伝ってくれます。

釣り堀感覚ですのでガンガン釣れますよ。

奥にあるのが併設してるレストランです。

これが併設してるレストランです。

釣った魚は1kgあたり100ペソで調理してくれます。

大体3匹で1kgを少し超えるくらいかと思います。

グリルとバーベキューどちらか選べます。

私はグリルにしました。

パパキッズのウェイクボードをやりたい人は水着を持って行こう

僕はウェイクボードをやろうと思っていなかったんですが、

水着さえ持って言っておけば、

すぐにウェークボードができます。

簡易的なもので、比較的難易度は優しいです。

私は見てるだけでしたが、特に水の中に落ちるなどは無いように見えました。

しっかり着替えるところも完備されているので、

もし興味ある方は水着を持って行くと良いと思います。

ウェークボードも500ぺそで1時間できます。

写真だと分かりにくいんですが、船で引っ張ってもらうというやり方

ではなく、上につながれたワイヤーで移動するので

とても簡単そうでしたし、楽しそうでした。

ここが装着場です。

ちなみにウェークボードの近く(向かい側)に小さいプールもあるので、

そのままプールで遊ぶこともできます。

あとはウェークボードの先のところにカヤックがあります。

これは1時間1人あたり150ペソになります。

ここがカヤックの受付です。

とてものどかな海に囲まれています。

海を覗くとヒトデとか小さい魚が沢山います。

すごく癒されます。

カヤックやウェークボードの周りを乗馬してる人が通ります。

係りの人が走ると馬も走るので日本で乗るよりも

本当の乗馬感は味わえると思います。

最後に

いかがでしたでしょうか。

パパキッズはセブのローカルエリアでは有名な場所になっています。

私は最初移動はバスに乗らず歩いていたんですが、

かなり大きいトカゲやヘビも普通にいます。

ヤギや沢山の魚も見る事ができるので、

ぜひセブに行った時は行ってみてください!




 

コメント

タイトルとURLをコピーしました